健康保険の取り扱いについて

接骨院にて健康保険を使用して治療を行う際にいくつか注意点があります。

1急性の外傷(骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷)にのみ使用できます。

段差で足が滑って足首を捻った、重い物を持ち上げようとして腰を痛めた、
転倒し手をついて手首を痛めた、踏み込んだ際にふとももの裏に痛みが走った、
など、急性の症状のみに健康保険を使って治療を行うことが出来ます。

2最終来院日より一ヶ月以上空いてしまうと再度初診料がかかります。

最後に来院された日より一ヶ月以上通院が空いてしまうと保健取扱い上
カルテの継続は出来なくなり再度初診となります。

3一度に治療できる部位は3部位までとなります。

健康保険を使って治療をする際は、一度に3部位までとなっており、
それ以上は保険を使っての治療は出来ません。

4健康保険の適用には制限があります。

健康保険を使用して行える治療内容には制限があり、エコーやハイボルテージ等の
特殊理学療法機や矯正療法などは健康保険が適用されません。そのため、使用した際には
一部実費がかかります。また、接骨院でのサポーターやコルセット、湿布などの衛生材料に
つきましても保険適用外となりますのでご了承ください。

一休ほねつぎ便り
交通事故治療でお困りの方へ
妊婦の方の治療について
ヘアーメイクRM
ラージャ・ヨガ
"交通事故専門の案内なら交通事故病院"